シャンプー時の抜け毛の本数100本は危険?

シャンプー時の抜け毛の本数、100本は危険?

お風呂で洗髪時、シャンプーしたあとの抜け毛の本数が100本!という状態、ちょっと怖いし、薄毛がどんどん進行するような危険を感じますよね。

 

 

私も経験しましたが、とくに髪が伸びているときは、お風呂の浴槽や洗い場で円形状の束になってお湯に浮いていたりします。

 

1日平均何本からなら大丈夫?というお悩みをよく聞きますが、女性の髪の毛が抜ける本数が1日平均100本程度というのはふつうなんですね。

 

 

季節によってもちがいはあり、夏の紫外線などのダメージによる夏〜秋にかけての抜け毛の量はほかの季節にくらべて3倍ほど違う場合もあります。

 

あまり気にする必要はありませんが、「将来、ハゲカツしなくちゃいけないかも…」と気になってしまう方は、まずシャンプーを見直してみましょう。

 

抜け毛の増えた女性がやっている、髪のケア方法「ベビーシャンプー」

 

最近では市販のシャンプーが合わず、シャンプー選びに迷った人が低刺激のベビーシャンプーを愛用するケースがふえています。配合成分は商品により異なり、汚れは落としながらも肌のバリアを守ってくれるという特長があります。

 

  • ポンプ式で泡が出るタイプなら、お風呂で泡立てる手間も不要
  •  

  • 弱酸性・無着色・無香料・パラベンフリーなどにこだわって探せる

 

育毛ケアとして使っている人も多いですが、育毛シャンプーとしての効果はありませんから、もし増毛に成功した人はほかの条件との相乗効果でしょう。

 

洗浄力が弱いので、このようなタイプの人は要注意

 

スタイリング剤(スプレーやワックス等)を使っている人

ベビーシャンプーは洗浄力が弱いために、スタイリング剤を落としきれないんですね。そこで、頭皮に残ったスタイリング剤が毛穴に詰まり、頭皮環境を悪化させて抜け毛を誘発してしまいます。

 

汗をかきやすい人、脂性の人

こちらも洗浄力が弱いために汚れを落とし切れず、皮脂や汚れが毛穴に詰まり、抜け毛を誘発してしまいます。

 

 

オーガニックベビーシャンプーによる、抜け毛対策の注意点

 

オーガニックシャンプーは着色料や防腐剤などが入っている場合がありますが、植物由来で洗浄成分もマイルドなので肌に優しいものもあります

 

ただし、ベビー用品なので赤ちゃんの細い髪の毛には合っていても、大人の髪に使うとごわつくものもあります。

 

 

また、オーガニックといっても品質にバラツキがあり、低品質な商品もあるので、口コミなどをしっかり調べたうえで自分に合う良い成分で作られたシャンプーを選ぶ必要があります。

 

海外は「硬水」で日本は「軟水」ですから、軟水用のシャンプーがいいですね。

 

抜け毛100本TOPへ▲